タービンの焼きつきや傷がつくのを防ぐ方法

| 未分類 |

昔はエンジンの出力を上げるためにターボを使用した車がありました。これらはスポーツカーがより速く走ることができるようにターボが付いているものが多くありました。

 
しかし最近はえエコブームからターボが見直されているのです。

 
すなわち少ない燃料で高出力を出すことができるように設計され、通常のエンジンより燃費よく走ることが出来るのです。

 
ターボは実はとても繊細なパーツでできているのです。なかでもタービンは薄い羽根がいくつもついていて、これが排気ガスなので回転することで吸気側に空気を強制的に送り込んでより空気を圧縮して出力を上げるのです。

 
かなりの高回転となるためとても熱を持ちやすくなります。そのため急にエンジンを止めたりすると、熱いまま止まってしまうので焼きつきを起こす事があるのです。

 
また薄い羽根の部分にクラックが入ったり傷がついてしまうこともあります。そうなってしまうとターボ本来の機能を果たすことができずに本来の出力を得ることができなくなります。

 
これを防ぐ方法としてターボタイマーというものがあります。これを取り付けると高速で走っていた後などに急にエンジンを止めても設定した時間の数分間エンジンがかかった状態となり、ターボが冷めてから止まるのです。