ターボタイマーの構造について

| 未分類 |

–¼Ì–¢Ý’è-2ターボタイマーは、ターボエンジンを搭載しているクルマに特徴的な装備品です。
簡単に言えば、ターボ部品を保護するための装備です。

 

 

ターボは、エンジンからの排気ガスを利用して、エンジン内の燃焼室に空気をより多く送り込む装置です。
空気が多くなれば、燃料を燃やせる量も増えます。
燃やせる燃料が増えれば、それだけ爆発の力が大きくなります。
爆発の力が大きくなれば、その分、エンジンのパワーも大きくなり、車にとっては加速の力が大きくなるのです。

 

 

つまり、同じ排気量のエンジンであれば、ターボを装着することで、より大きなパワーが得られるのです。
ただし、ターボは通常のエンジンより複雑な構造となり、強制的にエンジンに負荷をかけることとなるため、故障や壊れるリスクは高まります。
特に問題となるのが、ターボ機構に加わる熱の問題です。
エンジンに強制的に空気を送り込もうとするため、ターボはエンジンの排気ガスを利用して羽を回し、その力で空気をエンジンの燃焼室に押し込みます。
そのため、その羽は超高速で回転することとなり、高温になります。
それをいきなり止めてしまうと急激に冷却されることとなり、羽がダメージを受けることがあります。

 

 

ターボタイマーは、エンジンを切った後でも、羽が徐々に速度を落として止まれるように、しばらくはターボの圧縮がかからない状態を維持してくれます。
こうすることで、ターボ装置への負荷を和らげてくれるのです。