車の駆動系は高熱を発しながら稼働しますので、コンディションが悪化すると故障やトラブルの原因となってしまいます。

 

定期的にメンテナンスを行うのは車のコンディションを維持する上で大切なものですが、日常の使用の中でも負担を軽減することが可能です。

 

車は各部が暖まらないうちは本来の性能を発揮できませんし、オイルが重要な役割を果たす駆動系ではオイルが行きわたらなければスムーズな動きができないのです。

 

走行前に一定時間の暖機運転をすることで暖めることが可能ですから、エンジンスターターを利用すれば効果的に暖機ができるのです。

 

ターボ車の場合は、走行中にターボチャージャーが高温になってしまうため、アフターアイドリングを行って冷却する必要があります。

 

しかし一定の時間車の中で待つ必要がありますので、時間的な無駄が出てしまいます。

その問題を解消するにはターボタイマーを装着するのがい良い方法です。

ターボタイマーは設定した時間だけアイドリングを行い停止させることが可能ですから、車につきっきりでなくても自動でアフターアイドリングを行うことが可能なのです。

スターターとターボタイマーを利用すれば、車のコンディションを良好に保つことができるのです。