» 未分類のブログ記事

ターボタイマーの構造について

| 未分類 |

–¼Ì–¢Ý’è-2ターボタイマーは、ターボエンジンを搭載しているクルマに特徴的な装備品です。
簡単に言えば、ターボ部品を保護するための装備です。

 

 

ターボは、エンジンからの排気ガスを利用して、エンジン内の燃焼室に空気をより多く送り込む装置です。
空気が多くなれば、燃料を燃やせる量も増えます。
燃やせる燃料が増えれば、それだけ爆発の力が大きくなります。
爆発の力が大きくなれば、その分、エンジンのパワーも大きくなり、車にとっては加速の力が大きくなるのです。

 

 

つまり、同じ排気量のエンジンであれば、ターボを装着することで、より大きなパワーが得られるのです。
ただし、ターボは通常のエンジンより複雑な構造となり、強制的にエンジンに負荷をかけることとなるため、故障や壊れるリスクは高まります。
特に問題となるのが、ターボ機構に加わる熱の問題です。
エンジンに強制的に空気を送り込もうとするため、ターボはエンジンの排気ガスを利用して羽を回し、その力で空気をエンジンの燃焼室に押し込みます。
そのため、その羽は超高速で回転することとなり、高温になります。
それをいきなり止めてしまうと急激に冷却されることとなり、羽がダメージを受けることがあります。

 

 

ターボタイマーは、エンジンを切った後でも、羽が徐々に速度を落として止まれるように、しばらくはターボの圧縮がかからない状態を維持してくれます。
こうすることで、ターボ装置への負荷を和らげてくれるのです。

タービンの焼きつきや傷がつくのを防ぐ方法

| 未分類 |

昔はエンジンの出力を上げるためにターボを使用した車がありました。これらはスポーツカーがより速く走ることができるようにターボが付いているものが多くありました。

 
しかし最近はえエコブームからターボが見直されているのです。

 
すなわち少ない燃料で高出力を出すことができるように設計され、通常のエンジンより燃費よく走ることが出来るのです。

 
ターボは実はとても繊細なパーツでできているのです。なかでもタービンは薄い羽根がいくつもついていて、これが排気ガスなので回転することで吸気側に空気を強制的に送り込んでより空気を圧縮して出力を上げるのです。

 
かなりの高回転となるためとても熱を持ちやすくなります。そのため急にエンジンを止めたりすると、熱いまま止まってしまうので焼きつきを起こす事があるのです。

 
また薄い羽根の部分にクラックが入ったり傷がついてしまうこともあります。そうなってしまうとターボ本来の機能を果たすことができずに本来の出力を得ることができなくなります。

 
これを防ぐ方法としてターボタイマーというものがあります。これを取り付けると高速で走っていた後などに急にエンジンを止めても設定した時間の数分間エンジンがかかった状態となり、ターボが冷めてから止まるのです。

ターボタイマーの役割について

| 未分類 |

子供13ターボチャージャーは、エンジンの排気効率を利用してタービンを回転させ、圧縮した空気をエンジンに送り込むシステムで、タービンの回転数は1万回転以上になり、かなりの高温になるのが特徴です。

 
ターボが高温になると、ターボシステムが損傷を受けたり、焼き付きなどの原因になりますので、これらの保護のためにエンジンオイルで冷却をしています。
エンジンを止めてしまうと、高温になったターボの冷却システムも停止してしまいますので、約1分程度のアフターアイドリングを実施し、ターボシステムやエンジンをある程度冷却してからエンジンを止めるのが最善の方法です。

 
また、ターボ車の取扱説明書には、長時間のドライブや高速運転した後には、数分間のアイドリングをした後にエンジンを切ってくださいなどと明記してあります。

 
この、アフターアイドリングを自動で行い、エンジンを止めてくれる作業を受け持つのがターボタイマーで、エンジンキーをOFFにすると作動します。
また、アフターアイドリング時間を自由に設定できたり、オートモードなどによってコンピューターの判断でアフターアイドリングの時間を決めるさせることも可能な機種もあり、エンジンやターボシステムの保護する役割を担っています。

エンジンスターターとは、リモコン操作によって遠距離から車のエンジンを始動させることができるグッズです。

 
このグッズはドライバーが乗車する前にあらかじめエアコンを始動させておくことにより、車内を快適な温度にしておくことが可能となるため、装着しておくことで夏場や冬場のドライブを快適なものにすることができるメリットがあります。

 
また、エンジンスターターを装着するメリットとしては、エンジンをあらかじめアイドリング状態としておくことで、運転開始時にエンジンへかかる負荷を和らげることができ、エンジントラブルの発生を防止できる点も挙げられます。

 
エンジンスターターはメーカー純正の製品をはじめ、カーショップなどでも購入することができますが、製品のタイプは2種類に大別することができ、リモコンから一方的に信号を送信してエンジンを始動させるタイプの製品は『単方向』、信号の送信後にエンジンの始動状態が確認できるタイプの製品を『双方向』と呼びます。

 
この2つのタイプを比較した場合、一方的に信号を送信するタイプは価格がやや安めに設定されていること以外に選択するメリットはありません。
一方で双方向のタイプは多機能の製品が多く登場しており、エンジン状態の確認以外にも、エンジン停止後にアイドリングを行うターボタイマー機能を搭載したものなど、用途に合わせて様々な製品を選ぶことが可能となっています。

普段からみなさんも車を多く利用されている事と考えられますが、しっかりとご自分の車をメンテナンスされていますでしょうか。ちょっとした車からのサインを見逃さないようにすることで、大きな故障となる事を未然に防ぐことができるようになりますので、あまり気にかけていない方は、これから是非色々な事に対して気を配ってみてはいかがでしょうか。

 

 
車はものすごく多くの部品から構成されている道具です。その中でも原動機となるエンジンは最も重要な装置となり、これが不調になってしまった場合には、車を動かす事自体ができないこととなってしまいます。ですから普段からこの原動機を労るような運転の仕方を心がける事が、愛車を長く乗り続ける為のコツとなるでしょう。

 

 
原動機の中では燃料を燃焼させる事によってピストン運動を発生させる事となります。ピストン運動をする事で摩擦抵抗が生まれますから、やがては必ず壊れる時がやって来ます。しかしその摩擦をできるだけ低減させるような運転を心がけているドライバーさんも多くいらっしゃいます。まずはオイル交換をまめにする事となるでしょう。これが摩擦の低減の一番良い方法となります。

 

 
その他にも暖機運転を取り入れたり、走行中もアクセル操作を柔らかくすることで、負担をかけないような事に繋がります。

エンジンスターターの役割について

| 未分類 |

気温の低い時期には運転する前にエンジンを掛けておけばヒーターの効いた状態から走り出すことが可能ですし、気温の高い時期にはエアコンが効いた状態で走り出すことが可能です。

 

快適さを追求するには事前に暖機運転をしておくことがポイントになりますが、駐車場が離れている場合にはエンジンを掛けるために車に行くことが時間の無駄になってしまいます。

子供12

そこで便利なのがリモコンの遠隔操作でエンジンの始動ができるエンジンスターターになります。

 

遠隔操作が可能な範囲は商品によって異なりますが、100m程度までは全く問題なく使えるものが多数あります。

 

エアコンを運転前に使用できることで快適性を高めることが可能ですが、他にもエンジンを暖めることが可能です。

 

エンジンは冷えた状態では性能を引き出すことができませんし、オイルがエンジン内に十分に行き渡らなければなめらかな動きを実現できないのです。

 

エンジンオイルが循環していない状態ではエンジン内部を傷つけてしまうこともありますので、暖機運転は大切なものだと言えます。

 

しかし暖機運転中は無駄に燃料を消費してしまいますので、環境負荷を重視する現在では推奨していないのが現状です。

 

車にとっては良いことでも、環境には良くないと言う意識が大切です。

車の駆動系は高熱を発しながら稼働しますので、コンディションが悪化すると故障やトラブルの原因となってしまいます。

 

定期的にメンテナンスを行うのは車のコンディションを維持する上で大切なものですが、日常の使用の中でも負担を軽減することが可能です。

 

車は各部が暖まらないうちは本来の性能を発揮できませんし、オイルが重要な役割を果たす駆動系ではオイルが行きわたらなければスムーズな動きができないのです。

 

走行前に一定時間の暖機運転をすることで暖めることが可能ですから、エンジンスターターを利用すれば効果的に暖機ができるのです。

 

ターボ車の場合は、走行中にターボチャージャーが高温になってしまうため、アフターアイドリングを行って冷却する必要があります。

 

しかし一定の時間車の中で待つ必要がありますので、時間的な無駄が出てしまいます。

その問題を解消するにはターボタイマーを装着するのがい良い方法です。

ターボタイマーは設定した時間だけアイドリングを行い停止させることが可能ですから、車につきっきりでなくても自動でアフターアイドリングを行うことが可能なのです。

スターターとターボタイマーを利用すれば、車のコンディションを良好に保つことができるのです。

便利さと快適さという機能を追求した用品

| 未分類 |

炎天下の夏や厳寒の冬などに快適な運転のためには、エアコンが欠かすことが出来ないですが、エンジンスターターがあれば、エアコンの効きを良く出来ます。例えば、実際に乗る数分前にエンジンスターターを用いて、離れた場所からエンジンをかけておきます。

 

 

 

そして、一定時間、時間が経てば、夏であれば快適な涼しい車内空間を実現し、冬であれば暖房が効いた暖かい車内空間を実現します。特に冬は、エンジン自体も冷え切っているため、あらかじめエンジンを暖めておくことは、故障を引き起こさせないためにも必須です。

子供11

 

エンジンスターターは、リモコン形式のタイプで信号を送信する単方向機能やエンジンが稼動したことまでを知らせてくれる双方向機能があります。また室内の温度を表示してくれるタイプやドアのロック・ロック解除まで可能なものまであります。

 

 

 

その他に便利さを追求した用品にはターボタイマーがあります。これは、高速運転後にエンジンを停止させるとタービン軸が熱によって傷むため、一定時間アイドリングする必要があります。それを自動的に行なってくれる用品で、自動車の故障を防ぐため必須です。

 

 

 

つまり、エンジンスターターは自動車のエンジンのウォームアップさせるため、ターボタイマーは自動車のエンジンをクールダウンさせるための用品となります。

ターボエンジンは、エンジンのシリンダー内部で燃焼した混合気が通常のNA車であればエギゾーストマニュフォールドを通過し、車両後部の排気パイプから排出されます。

 
しかし、ターボ車の場合、加速時などにアクセルを踏み込み高速回転となると、排気ガスが再びタービンに送り込まれ、大きなパワーを発揮する加給を担っています。

 
エンジンがアイドリング状態の時にラジエーターからの冷却水の供給がエンジンを冷やし、シリンダーやピストンの焼き付きを防いでいます。
ターボ車で高速回転していた車がエンジンをストップするとエンジンの冷却が断たれ、焼き付くことがあります。
ターボタイマーはこれを作動させると、設定された時間でエンジンカット後もエンジンを回し、タイムリミットと共にエンジンが停止します。
エンジンスターター機能付きのターボタイマーもあります。

 
国内で販売されるターボ車のほとんどにタイマーが設備されていないです。
と言うのも、大排気量の大型タービンを搭載したスポーツカーで高速道路を長時間走行して一気にエンジンを切れば焼き付く可能性もありますが、低速走行で1分から2分程度走行していれば十分にエンジンが冷却されるため、その後エンジンを切っても焼き付くということは考えにくいです。